現代日本画名品選Ⅳ「華やぐ日本画」足立美術館蔵

染谷香理 「月ノ雫」 平成30年(2018) 足立美術館蔵

名称:現代日本画名品選Ⅳ「華やぐ日本画」足立美術館蔵
会期:2021年11月3日(水)〜2022年3月14日(月)
開館時間:4月~9月:9:00~17:30
     10月~3月:9:00~17:00
住所:〒692-0064島根県安来市古川町320
TEL:0854-28-7111
URL:足立美術館

宮北千織 「夏の音」 平成17年(2005) 足立美術館蔵
宮北千織 「夏の音」 平成17年(2005) 足立美術館蔵

日本画の絵具には、墨や胡粉、岩絵具などがあります。中でも鉱石から作られる岩絵具は、繊細な色彩と独特な質感を持ち、その美しさは日本画の魅力のひとつです。砕いた粒子の大きさなど、微妙な違いによって色合いが変化する岩絵具の特長を活かし、画家たちは個性あふれる作品を生み出しています。
本展では、1階にて色彩感覚の豊かな作品を、2階では現代の日本画壇を代表する画家たちによる壮麗な名品の数々を展示します。
色鮮やかな人物画や大画面に描かれた雄大な風景画など、華やぐ日本画の世界をお楽しみください。

松尾敏男 「白糸の滝」 平成24年(2012) 足立美術館蔵
松尾敏男 「白糸の滝」 平成24年(2012) 足立美術館蔵
伊藤髟耳 「春・ひとときの出会」 平成22年(2010) 足立美術館蔵
伊藤髟耳 「春・ひとときの出会」 平成22年(2010) 足立美術館蔵
松村公嗣 「芥子花」 平成30年(2018) 足立美術館蔵
松村公嗣 「芥子花」 平成30年(2018) 足立美術館蔵
番場三雄 「オウランガバードの牛」 平成27年(2015) 足立美術館蔵
番場三雄 「オウランガバードの牛」 平成27年(2015) 足立美術館蔵
村岡貴美男 「煉獄の門」 平成21年(2009) 足立美術館蔵
村岡貴美男 「煉獄の門」 平成21年(2009) 足立美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る