「優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語」横山美術館

「優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語」横山美術館

名称: 「優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語」横山美術館
会期:2021年10月3日(日)~2022年1月10日(月・祝)
開館時間:10時~17時
後援:愛知県教育委員会・名古屋市立小中学校PTA協議会
住所:〒4610004 愛知県名古屋市東区葵一丁目1番21号
TEL:052-931-0006
URL:横山美術館

「優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語」横山美術館
「優美な曲線から歴史が伝わる カップ&ソーサー物語」横山美術館

 コーヒーや紅茶をたしなむ時間は、ほっとする一瞬ではないでしょうか。カップ&ソーサーは、コーヒーや紅茶などをよりおいしく味わうため、さまざまなバリエーションで作られました。日本国内でカップ&ソーサーの生産が本格的に始まったのは明治時代前期からです。当時の日本にとってハンドル付きのカップは未知のものであり、制作は困難を極めましたが、伏焼や石膏型成形などの新しい技法を取り入れ、大きさや厚さ、形状が整った器が作られるようになりました。工夫を凝らして出来上がった生地には、日本的な花鳥や洋風の薔薇など、さまざまな題材で豪華な絵付けがされ、海を渡り、テーブルを華やかに演出しました。
 本展覧会では、明治・大正時代に日本の各産地で制作されたカップ&ソーサーやポットなどを加えたティーセットを展示します。100年以上経った現代を生きる私たちも、その美しさに目を奪われることでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る