「はるかなる古伊万里 400年の物語」広島県立美術館

《色絵仔犬置物》 1670~1710年代 佐賀県立九州陶磁文化館

名称:「はるかなる古伊万里 400年の物語」広島県立美術館
会期:22021年10月8日(金) ~ 2021年12月5日(日) 会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会場:3階企画展示室
  ※金曜日は19:00まで
  ※入場は閉館30分前まで
  ※10月8日は10:00開場
住所:〒730-0014広島県広島市中区上幟町2-22
TEL:082-221-6246
URL:広島県立美術館

《色絵栗文蓋付碗》 1740~1760年代 佐賀県立九州陶磁文化館 柴澤コレクション
《色絵栗文蓋付碗》 1740~1760年代 佐賀県立九州陶磁文化館 柴澤コレクション

今からおよそ400年前に生まれ、その多種多様な様式と完成度で国内外の人々を魅了した伊万里焼。本展では、古伊万里研究の最前線をゆく佐賀県立九州陶磁文化館の名品を中心に、黎明期から最盛期、さらに近年評価が高まっている幕末明治期までを紹介します。

《色絵亀甲割鳳凰文大花瓶》 1870~1880年代 佐賀県立九州陶磁文化館(南里裕美子氏寄贈)
《色絵花籠文八角大壺》 1700~1730年代  佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵桜樹文耳付注器》 1700~1730年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵桜樹文耳付注器》 1700~1730年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵桜樹文耳付注器》 1700~1730年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵桜樹文耳付注器》 1700~1730年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《染付草花文調味料入揃物》 1670~1700年代 佐賀県立九州陶磁文化館 柴田夫妻コレクション
《染付草花文調味料入揃物》 1670~1700年代 佐賀県立九州陶磁文化館 柴田夫妻コレクション
《色絵菊文輪花大皿》 1650年代 佐賀県立九州陶磁文化館
《色絵菊文輪花大皿》 1650年代 佐賀県立九州陶磁文化館
「はるかなる古伊万里 400年の物語」広島県立美術館
作品画像:重要文化財《色絵花卉文輪花鉢》17世紀後半 広島県立美術館
Foliate Bowl with Floral Design, 2nd Half 17th Century, Hiroshima Prefectural Art Museum

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る