「縄文2021 ―縄文のくらしとたてもの―」江戸東京たてもの園

装飾把手付土器(中原遺跡〔八王子市〕出土 縄文時代中期)

名称:「縄文2021 ―縄文のくらしとたてもの―」江戸東京たてもの園
会期:2021年10月9日(土)~2022年5月29日(日)
住所:〒184-0005 東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
TEL:042-388-3300
URL:江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園では、江戸東京博物館で開催される特別展「縄文2021 ―東京に生きた縄文人―」にあわせ、特別展「縄文2021 ―縄文のくらしとたてもの―」と題した展覧会を開催します。
 当園は1954年(昭和29)から91年(平成3)まで開館していた「武蔵野郷土館」収集の資料を引き継ぎ、保存・展示しています。同館は、東京をはじめ関東地方一帯で発掘調査を行い、大きな成果を挙げました。そして、発掘調査で得た出土資料を展示するのみならず、竪穴住居や縮小した古墳などを屋外に復元することで、武蔵野の歴史を体感的に理解できる博物館でした。
 今回の展覧会では、同館収集の資料を中心に縄文人のくらしぶりを紹介するとともに、各地に復元されている竪穴住居をとりあげ、当園に移築復元されている建物のルーツを紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る