「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」アーティゾン美術館

青木繁《自画像》1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

名称:「生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎」アーティゾン美術館
会期:2022年7月30日(土)〜10月16日(日)
開館時間:10:00ー18:00(9月23日を除く毎週金曜日は20:00まで)
  *入館は閉館の30分前まで
料金:日時指定予約制
  ウェブ予約チケット 1,600 円、当日チケット(窓口販売) 1,800 円、学生無料 (要ウェブ予約)
  *ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
  *中学生以下の方はウェブ予約不要です。
休館日:月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
URL:アーティゾン美術館

青木繁《自画像》1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁《自画像》1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

青木繁と坂本繁二郎は、日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、独自の作風を探求しました。
青木は若くして注目され、その代表作《海の幸》(1904年)は明治浪漫主義絵画として位置づけられています。
しかし、華々しいデビューとは対照的に、晩年は九州各地を放浪し、中央画壇への復帰も叶わず短い生涯を終えました。一方、坂本は青木に誘われて上京し、数年遅れてデビューします。留学後は、87歳で亡くなるまで長きにわたって、馬、静物、月などを題材にこつこつと制作に励み、静謐な世界観を築きました。
作風も性格も異なるふたりですが、互いを意識して切磋琢磨しました。それぞれの画業を紹介し、ときにふたりの生涯を交差させながらご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る