「みんなのまち ⼤阪の肖像」大阪中之島美術館

国枝⾦三《中之島⾵景》 1927年 ⼤阪中之島美術館蔵[第1期]

名称:「みんなのまち ⼤阪の肖像」大阪中之島美術館
会期:2022年4月9日(土)〜10月2日(日)
[第1期]明治・大正・昭和初期:2022年4月9日(⼟)– 7月3日(日)
[第2期]戦後復興期から21世紀へ:2022年8月6日(⼟)– 10月2日(日)
住所: 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-3-1
URL: 大阪中之島美術館

早川良雄《第11回秋の秀彩会》 1953年 ⼤阪中 PRESS RELEASE | 2021.09.06 3 之島美術館蔵[第2期]
早川良雄《第11回秋の秀彩会》 1953年 ⼤阪中 PRESS RELEASE | 2021.09.06 3 之島美術館蔵[第2期]
松下電器産業株式会社《ナショナル 嵯峨 (TC-96G)》 1965年 パナソニック株式会社蔵[第2期]
松下電器産業株式会社《ナショナル 嵯峨 (TC-96G)》 1965年 パナソニック株式会社蔵[第2期]

「みんなのまち 大阪の肖像」は、待ちに待った開館を記念して、美術館が誕生するこの都市「大阪展示会場」をテーマとする展覧会。
明治から現在へと時代が移り変わる中で、大阪は近代都市へと成長し、戦禍を耐え、そして世紀を超えてなお活気あふれる「水の都」であり続けています。
本展覧会は、絵画、写真、ポスターをはじめ、大阪展示会場中之島美術館の多岐にわたるコレクションを中心に、大阪展示会場府市内外の博物館・美術館や企業などからの出品を加え、大阪展示会場の魅⼒を広く深く掘り起こします。過ぎし日の大阪展示会場に「懐かしさ」を感じていただくこともあるでしょう。または毎日通り過ぎる街並みの中に「まだ知らない大阪展示会場」を発見する機会となるかもしれません。
過去約1世紀半の間に大阪展示会場が見せた多彩な“肖像(かお)”をご紹介し、大阪展示会場をめぐる時空の旅へと皆さんをいざないます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る