「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」吉村昭記念文学館

「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」吉村昭記念文学館

名称:「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」吉村昭記念文学館
会期:2021年10月16日(土)〜12月15日(水)
開館時間:9:30~20:30
料金:無料

会場: ゆいの森あらかわ 3階 企画展示室
休館日:10月21日(木)、11月18日(木)、12月3日
住所:〒1160002 東京都荒川区荒川二丁目50番1号
TEL:03-3802-4350
URL:吉村昭記念文学館

「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」吉村昭記念文学館
「吉村昭と東日本大震災~未来へ伝えたい、災害の記録と人びとの声~」吉村昭記念文学館

平成23年(2011)3月11日の東日本大震災発生は、吉村昭がこの世を去ってから5年後のことでした。未曽有の災害に直面した時、著作『三陸海岸大津波』と『関東大震災』は広く再読され、増刷を重ねました。体験者への綿密な取材と、膨大な文献資料の調査を重ね、失われた多くの尊い命を見つめて執筆されたこれらの作品は、過去の災害に学ぶべき教訓を後世に伝え、語り継ぐことの大切さを問いかけています。本展では、東日本大震災から10年を経た今、改めて、この2作を中心とする資料を取り上げ、吉村作品が伝える災害の実態と人びとの営み、防災に関するメッセージをたどります。
今回の展示では、証言を書き留めた取材ノートや自筆講演メモ、参考文献、初公開の旧蔵書などを紹介し、作品成立の過程を追います。また、津村節子『三陸の海』(平成25年 講談社)をはじめ、吉村の著作を踏まえた作家たちの作品や、田野畑村、宮古市田老、釜石市、石巻市、東松島市など、吉村・津村夫妻とゆかりの深い三陸沿岸の地から届いた言葉や資料を紹介します。

吉村昭Akira Yoshimura 撮影:小澤忠恭
吉村昭Akira Yoshimura 撮影:小澤忠恭

吉村昭Akira Yoshimura
昭和2年(1927)~平成18年(2006)
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現荒川区東日暮里六丁目)生まれ。空襲で家が焼失するまでの18年間を荒川区で過ごす。学習院大学在学中に執筆活動を開始。昭和41年に「星への旅」で太宰治賞受賞。同年、「戦艦武蔵」を発表しベストセラーとなる。「死とはなにか、生とはなにか」を主題に、人間の本質を探究し、数多くの短篇と長篇を執筆した。
[受賞歴]
太宰治賞、文藝春秋読者賞、菊池寛賞、吉川英治文学賞、毎日芸術賞、読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞、大佛次郎賞、海洋文学大賞特別賞、高野長英賞、日本芸術院賞、東京都都民文化栄誉章、荒川区区民栄誉賞、従四位旭日中綬章

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る