収蔵品展「鳥のいる風景」苫小牧市美術博物館

収蔵品展「鳥のいる風景」苫小牧市美術博物館

名称:収蔵品展「鳥のいる風景」苫小牧市美術博物館
会期:2021年10月9日(土)~12月12日(日)
休館日:月曜日
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
会場:第3展示室
観覧料:一般300(240)円、高大生200(140)円、中学生以下無料
  ※11月3日(水・祝)は無料観覧日
  ※( )内は10名以上の団体料金
住所:〒053-0011北海道苫小牧市末広町3-9-7
TEL:0144-35-2550
URL:苫小牧市美術博物館

収蔵品展「鳥のいる風景」苫小牧市美術博物館
収蔵品展「鳥のいる風景」苫小牧市美術博物館

 本展では、当館所蔵の絵画作品より、鳥たちの姿を描いた作品をご紹介いたします。
 当館収蔵の美術作品は、昭和31年6月に旧図書館内に開設した郷土博物室によってはじめられ、現在では1,523点(令和元年度時点)を収蔵しています。なかでも絵画作品は、北海道を代表する画家や、苫小牧にゆかりある画家によるものが中心で、北海道の豊かな自然を描いた作品が多いことが特徴です。
 勇払原野や樽前山麓の豊かな自然に恵まれた苫小牧では、日常的にさまざまな鳥たちの姿を目にすることができますが、画家の描く鳥たちの姿は、神秘的な力が発揮されているようにみえます。美術作品における鳥は、豊かな自然のありようとして、そして象徴的な意味合いをもたらすものとして登場しています。個性豊かな鳥たちが集う「鳥のいる風景」をお楽しみいただければ幸いです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る