「シダネルとマルタン展」SOMPO美術館

《ジェルブロワ、テラスの食卓》 1930年、フランス、個人蔵 © Luc Paris アンリ・ル・シダネル

名称:「シダネルとマルタン展」SOMPO美術館
会期:2022年03月26日(土)- 06月26日(日)
開館時間:10:00 – 18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日※/展示替期間/
主催:SOMPO美術館、朝日新聞社
協賛:損保ジャパン
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力:日本航空
企画協力:ブレーントラスト
住所:〒160-8338東京都新宿区西新宿1-26-1
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:SOMPO美術館

《二番草》  1910年、フランス、個人蔵  © Archives photographiques Maket Expert  アンリ・マルタン
《二番草》 1910年、フランス、個人蔵 © Archives photographiques Maket Expert アンリ・マルタン

19世紀末から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、アンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)に焦点をあてた、国内初の展覧会です。
印象派を継承しながら、新印象主義、象徴主義など同時代の表現技法を吸収して独自の画風を確立した二人は、幻想的な主題、牧歌的な風景、身近な人々やその生活の情景を、親密な情感を込めて描きました。「最後の印象派」と言われる世代の中心的存在であった二人は、深い友情で結ばれながらも、シダネルは北フランスに特有の霞がかった柔らかな光を、マルタンは南仏の眩い光を描き、それぞれの活動拠点に由来して、異なる光の表現を追求します。
世紀末からモダニスムへ至るベル・エポック期、独自の絵画世界を展開した二人の道のりを、約75点の油彩、素描、版画を通して辿ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る