サントリー美術館 開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」

サントリー美術館 開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」

名称:開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子―日出づる処の天子―サントリー美術館
会期:2021年11月17日(水)~2022年1月10日(月・祝)
※作品保護のため、会期中展示替を行います。
開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
  ※11月22日(月)、1月9日(日)は20時まで開館
  ※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日:火曜日
  ※11月23日、1月4日は18時まで開館
  ※12月28日(火)~1月1日(土・祝)は年末年始のため休館
入館料:一般 当日 ¥1,500 前売 ¥1,300
   大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800
音声ガイド:¥600
主催:サントリー美術館、和宗総本山四天王寺、日本経済新聞社
協賛:金剛組、サントリーホールディングス、損害保険ジャパン、 髙松建設、NISSHA、三井不動産(五十音順)
住所:〒107-8643東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
TEL:03-3479-8600
URL:サントリー美術館

 南無仏太⼦像 ⼀軀 南北朝時代 14世紀 ⼤阪・四天王寺
南無仏太⼦像 ⼀軀 南北朝時代 14世紀 ⼤阪・四天王寺


 聖徳太子(574~622)は、推古天皇の摂政となり国の礎を築く一方で、仏教を篤く信奉し、日本の仏教の出発点となった人物です。後世には聖徳太子への信仰が生まれ、諸宗派の名だたる高僧、貴族から庶民に至るまで、人々の尊崇を集めてきました。本展は、聖徳太子が没して1400年を迎えることを記念し、大阪・四天王寺のご協力のもと、その生涯をたどりながら、現代まで続く信仰の広がりを数々のゆかりの名品によって紹介するものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る