「~100年を経て里帰りした陶磁器~ オールドノリタケ展」伊勢丹立川店

<オールドノリタケ> 「盛上げ椰子とベドウィン柄花瓶」 1,320,000円(1911年(明治後期)頃/高さ

名称:「~100年を経て里帰りした陶磁器~ オールドノリタケ展」伊勢丹立川店
会期:2021年11月3日(水·祝) ~ 2021年11月9日(火) 最終日午後6時終了
場所:伊勢丹立川店8階 アートギャラリー
住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2-5-1
TEL:042-525-1111
URL: 伊勢丹立川店

オールドノリタケ>  「アールデコラスター彩風景柄クッキージャー」
オールドノリタケ> 「アールデコラスター彩風景柄クッキージャー」(1918年(大正中期)頃/高さ17cm)

<オールドノリタケ>の呼称で親しまれている陶磁器は、明治から大正にかけて「日本陶器」(現ノリタケ)で製造されたものを指しています。
外貨獲得のため、主にアメリカ向けに輸出され国内で販売されることはありませんでした。芸術的な絵付けや繊細な細工は、一世紀を経た今もコレクターに愛されつづけています。

<オールドノリタケ>  「金彩風景柄ティートリオ」  (1911年(明治後期)頃/カップ高さ:5.3cm 皿径:14cm)
<オールドノリタケ> 「金彩風景柄ティートリオ」 (1911年(明治後期)頃/カップ高さ:5.3cm 皿径:14cm)
<オールドノリタケ>  「金彩オウム柄ボウル」  (1891年(明治中期)頃/縦24cm×横7.5cm)
<オールドノリタケ> 「金彩オウム柄ボウル」 (1891年(明治中期)頃/縦24cm×横7.5cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る