「植葉香澄展―宝尽くして春を待つ」日本橋高島屋S.C.(本館)

「植葉香澄展―宝尽くして春を待つ」日本橋高島屋S.C.(本館)

名称:「植葉香澄展―宝尽くして春を待つ」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2021年11月24日(水)→30日(火)※最終日は午後4時閉場。
場所:本館6階 美術画廊
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

植葉香澄氏は1978年京都府に生まれ、京都市立芸術大学で陶芸を学び、古典文様を現代風にアレンジした陶芸作品で人気を集める作家です。
全身に華やかな文様を纏った代表作「キメラ」を中心に、茶碗、蓋物、香炉、器など楽しい作品を発表。2011年に京都府文化奨励賞、2012年に京都芸術新人賞受賞を受賞するなど高い評価を受けています。
今展では代表作のキメラをはじめ、シルクロード伝来の文様や装飾を取り入れた作品や、東京に伝わる隅田焼をイメージした作品など新作を一堂に展観いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る