特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館

特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館

名称:特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館
会期:2021年11月20日(土) - 1月16日(日)
開館時間:10:00 – 18:00 (入館は17:30まで)
休館日:月曜日、12月29日~2022年1月3日、1月11日(ただし1月10日は開館)
入館料:一般 1,000円(800円)
    65歳以上・大学生 500円(400円)
    高校生以下 無料
    神戸市内在住の65歳以上 無料
    ※カッコ内は有料入館者30人以上の団体料金。
主催:神戸ファッション美術館、神戸新聞社
後援:チェコ共和国大使館、チェコセンター東京
協力:堺 アルフォンス・ミュシャ館、川崎市市民ミュージアム、OZAWAコレクション、OGATAコレクション
展示協力:大阪樟蔭女子大学
企画制作:株式会社文化企画
住所:〒658-0032兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1
TEL:078-858-0050
URL:神戸ファッション美術館

特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館
特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館

アルフォンス・ミュシャ(ムハ)(1860-1939年)は、チェコの南モラヴィア地方に生まれた画家・デザイナーで、
19世紀末から20世紀初頭のベル・エポック(美しき時代)に「アール・ヌーヴォー・スタイル」をつくりあげた代表的なアーティストの一人です。
人びとの暮らしを彩る優美で華やかなデザインは、現在でも多くの人びとを魅了しています。
本展覧会はミュシャがデザインした、ポスター、装飾パネル、はがき、切手、紙幣、ビスケット缶など
商品パッケージ、香水瓶ラベル、さらに、デザインを学ぶ学生の教本として出版された「装飾資料集」、「装飾人物集」に加え、
ブロンズ像《ラ・ナチュール》など、貴重な作品約500点によって構成されます。
当時の女性の装いである煌びやかなアール・ヌーヴォーのドレスとミュシャ作品とのコラボレーションは、当館でしか見ることができない展示です。

展示構成
第1章 くらしを彩る装飾パネル
第2章 パリ時代の魅力的な商業ポスター
第3章 挿絵の魅力
第4章 装飾資料集、装飾人物集
第5章 ミュシャとアメリカ
第6章 わが祖国チェコ
第7章 くらしの中で愛されるミュシャ

特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館
特別展「アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展」神戸ファッション美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る