常設展 第3期収蔵作品展「自然とともに―とらえた景色」茅野市美術館

常設展 第3期収蔵作品展「自然とともに―とらえた景色」茅野市美術館

名称:常設展 第3期収蔵作品展「自然とともに―とらえた景色」茅野市美術館
会期: 2021年11月7日(日)~12月26日(日)
会場:茅野市美術館 常設展示室
開館時間:10:00~18:00
料金:無料
休館日:火曜日(ただし火曜日が祝日の場合は、その直後の休みでない日)
住所:〒391-0002 長野県茅野市塚原一丁目1番1号
TEL:0266-82-8222
URL:茅野市美術館

広大な風景から身の周りの草花まで、自然が見せる多様な姿から人はそれぞれの景色をとらえます。
本展では、「作家それぞれがとらえた景色」という視点で、収蔵作品のなかから洋画家・堀内唯生の特集を含む4名の作家の作品を展示します。
作家がとらえた景色から、鑑賞者それぞれの新たな景色が想起されていくかのような作品の数々をお楽しみください。
[展示作家]
堀内唯生(洋画家、1900–1981)
志村一男(洋画家、1908–1981)
野村千春(洋画家、1908–2000)
藤森照信(建築家、1946–)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る