2021コレクション展Ⅳ「池田栄廣生誕 120 年・吉村益信没後10年 革新と前衛の美術」大分県立美術館

2021コレクション展Ⅳ「池田栄廣生誕 120 年・吉村益信没後10年 革新と前衛の美術」大分県立美術館

名称:2021コレクション展Ⅳ「池田栄廣生誕 120 年・吉村益信没後10年 革新と前衛の美術」大分県立美術館
会期:2021年12月24日(金)~2022年2月14日(月)
  <前期>12月24日(金)~1月18日(火)
  <後期>1月20日(木)~2022年2月14日(月)
開館時間:10:00~19:00
  金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休展日:1月19日(水)
会場:大分県立美術館 3階 コレクション展示室
主催者:公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団・大分県立美術館
観覧料:一般 300(250)円
   大学・高校生 200(150)円
   ※( )内は有料入場20名以上の団体料金
   ※中学生以下は無料
住所:〒870-0036大分県大分市寿町2-1
TEL:097-533-4500
URL:大分県立美術館

2021コレクション展Ⅳ「池田栄廣生誕 120 年・吉村益信没後10年 革新と前衛の美術」大分県立美術館
2021コレクション展Ⅳ「池田栄廣生誕 120 年・吉村益信没後10年 革新と前衛の美術」大分県立美術館

既成の概念や形式に留まらず、革新的、前衛的な表現を目指した美術をご紹介します。とくに池田栄廣をはじめとした戦後日本画の動向や、1960 年、ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズを結成した前衛芸術家・吉村益信の活動や作品を特集します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る