「生誕110年 香月泰男展」練馬区立美術館

《復員〈タラップ〉》1967年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵

名称:「生誕110年 香月泰男展」練馬区立美術館
会期:2022年2月6日(日)〜3月27日(日)
開館時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで
料金:一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、
  中学生以下および75歳以上無料、
  障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円、
  団体(一般)800円、団体(高校・大学生)700円
休館日:月曜日(ただし、3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館)
主催:練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
監修:山口県立美術館、香月泰男美術館
企画協力:一般社団法人インディペンデント
住所:〒176-0021東京都練馬区貫井1-36-16
TEL:03-3577-1821
URL:練馬区立美術館

《駄々子》1968年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 香月泰男美術館蔵
《駄々子》1968年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 香月泰男美術館蔵

太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いたシベリア・シリーズにより、戦後美術史に大きな足跡を残した香月泰男(1911-74)の画業の全容をたどる回顧展を開催いたします。
山口県三隅村(現・長門市)に生まれた香月泰男は、1931年に東京美術学校に入学し、自身のスタイルの模索をはじめました。
1942年に応召し、復員した1947年以降は、故郷にとどまって身の回りのありふれたものをモチーフに造形的な挑戦を繰り返しました。1950年代後半に黒色と黄土色の重厚な絵肌に到達した香月は、極限状態で感じた苦痛や郷愁、死者への鎮魂の思いをこめて太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描き、「シベリアの画家」として評価を確立していきました。
シベリア・シリーズは応召から復員までの主題を時系列にならべて紹介するのが一般的であり、そこではシベリア・シリーズのもつ戦争と抑留の記念碑としての側面が強調されてきたといえるでしょう。しかし、実際の制作の順序は、主題の時系列とはおおきく異なっています。
本展では、シベリア・シリーズを他の作品とあわせて制作順に展示します。
この構成は、一人の画家が戦争のもたらした過酷な体験と向き合い、考え、描き続けた道のりを浮かびあがらせるでしょう。戦争が遠い歴史となり、その肌触りが失われつつある今、自身の「一生のど真中」に戦争があり、その体験を個の視点から二十年以上にわたって描き続けた、「シベリアの画家」香月泰男の創作の軌跡にあらためて迫ります。

《青の太陽》1969年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《青の太陽》1969年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《公園雪》1971年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 島川美術館蔵
《公園雪》1971年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 島川美術館蔵
《釣り床》1941年 油彩,カンヴァス 東京国立近代美術館蔵
《釣り床》1941年 油彩,カンヴァス 東京国立近代美術館蔵
《雨〈牛〉》1947年 油彩,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《雨〈牛〉》1947年 油彩,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《山羊》1955年 油彩・方解末,カンヴァス 香月泰男美術館蔵
《山羊》1955年 油彩・方解末,カンヴァス 香月泰男美術館蔵
《北へ西へ》1959年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《北へ西へ》1959年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《ダモイ》1959年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵
《ダモイ》1959年 油彩・方解末・木炭,カンヴァス 山口県立美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る