「山口勝弘展『日記』(1945-1955)に見る」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

「山口勝弘展『日記』(1945-1955)に見る」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

名称:「山口勝弘展『日記』(1945-1955)に見る」神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
会期:22022年2月12日 – 2022年4月17日
住所:〒248-0005神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
電話:0467-22-5000
URL:神奈川県立近代美術館 鎌倉別館

戦後美術の新しい局面を切り拓き、日本のメディアアートの先駆者である山口勝弘(1928–2018)。本展では近年、調査研究を進めてきた山口の日記から見えてくる、終戦後の海外動向の吸収と模索、グループ「実験工房」の結成から「APN(アプン)」などの活動の経緯を、北代省三、福島秀子、大辻清司ら関連作家の作品・資料とともに紹介します。また、山口の初期を代表するシリーズ〈ヴィトリーヌ〉の誕生と展開に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る