須田悦弘 展覧会「心田を耕す」竹野神社

須田悦弘「椿」

名称:須田悦弘 展覧会「心田を耕す」竹野神社
会期:2021年11月29日(月)〜12月27日
時間:11:00~15:00
  ※12/12(日)は13:00~16:00
  ※会期中の金・土・日曜日のみオープン
休館日:月~木曜日
料金:1,500円
住所:〒627-0201 京都府京丹後市丹後町間人2624
URL:竹野神社

9/27より間人スタジオで開催している「間人スタジオ展」の展示作品に加え、彫刻家・須田悦弘による新作「椿」の展示を行います。
須田は、植物を木から彫り出し、彩色して精緻な作品をつくる彫刻家です。今回の新作「椿」は、日本海にしか咲かない椿を、ちょうど花が咲き始める11月より展示する試みです。コロナ禍で暗い気持ちになりがちな日常に喜びをもたらし、心に光を差し込めるような現代アートを間人で初めて展示、紹介します。ぜひご高覧ください。
出展作家
須田悦弘、嘉戸浩(かみ添)、佐藤聡(PONTE)、田中義久、中川周士(中川木工芸)、新里明士、西沢立衛
須田悦弘
1969年山梨県生まれ。上京をきっかけに、都市の中の自然のありように注目するようになった。木彫によって生み出される精巧な植物の彫刻作品は、インスタレーションとして展示されることが多い。国立国際美術館、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館など数々の美術館・ギャラリーで作品を発表。海外での展示機会も多く、近年ではシドニー・ビエンナーレ2012などの国際展のほか、毓繡美術館での個展(台湾、2017)などがある。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る