「泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし」泉屋博古館東京

重文-八大山人《安晩帖》第8図(叭々鳥図)-泉屋博古館

名称:「泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅲ 古美術逍遙 ―東洋へのまなざし」泉屋博古館東京
会期:2022年9月10日(土)~ 10月23日(日)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日休館)
開館時間:午前11時 ~ 午後6時(入館は午後5時30分まで)
  *金曜日は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
会場:泉屋博古館東京(東京・六本木)
主催:公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社
入館料:一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
  20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)
  障がい者手帳ご呈示の方は無料
住所:東京都港区六本木1-5-1
TEL:03-5400-6900
URL:泉屋博古館東京

伊藤若冲《海棠目白図》江戸時代(18 世紀)泉屋博古館
伊藤若冲《海棠目白図》江戸時代(18 世紀)泉屋博古館

泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念しての館蔵名品展第三弾。
人々のまなざしを集めてきた東洋美術の名品を国宝・重要文化財も含めて展観します。
人々が愛でてきた花鳥風月を描く日本の絵画、目に見えない「気」をどう表わすか格闘を続けた中国絵画。茶を飲む行為に視覚の悦びを生み出した茶の湯や煎茶。そして人間に慈悲の目をむけるみほとけ ― まなざしのドラマに溢れた東洋美術の世界をお楽しみください。

《小井戸茶碗 銘六地蔵》朝鮮時代(16 世紀)泉屋博古館東京
《小井戸茶碗 銘六地蔵》朝鮮時代(16 世紀)泉屋博古館東京

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る