特別展「縄文─JOMON─展(仮称)」山梨県立美術館

《渦巻文土器(笛吹市教育委員会蔵)展開写真》撮影:小川忠博

名称:特別展「縄文─JOMON─展(仮称)」山梨県立美術館
会期:2022年9月10日(土)~11月6日(日)
住所:〒400-0065山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
URL:山梨県立美術館

山梨県は、全国有数の縄文文化が発展した地域として知られており、その遺跡からは、土器や土偶が数多く発掘されている。これらの出土品は優れた造形感覚に基づいて作られているものの、その紹介は考古学視点にとどまり、美術的視点からなされることは多くなかった。
特別展「縄文─JOMON─展(仮称)」では、山梨県立考古博物館などが所蔵する代表的な土器や土偶を一挙公開。さらに、写真家・小川忠博の撮影による芸術的な拡大写真や展開写真とあわせて展示することで、縄文文化の美術的価値へと多角的に光をあててゆく。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る