「APAアワード2022 第50回公益社団法人日本広告写真家協会公募展」東京都写真美術館

「APAアワード2022 第50回公益社団法人日本広告写真家協会公募展」東京都写真美術館

名称:「APAアワード2022 第50回公益社団法人日本広告写真家協会公募展」東京都写真美術館
会期:2022年2月26日(土)~3月13日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
料金:一般 500(400)円/学生(高校生以上)・65歳以上 300(240)円 
  ※( )は当館の映画観賞券ご提示者、年間パスポートご提示者(同伴者1名まで)、各種カード会員割引料金。
   各種割引の併用はできません。 
  ※中学生以下、障害手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)は無料
主催:公益社団法人日本広告写真家協会(APA)
共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
後援:経済産業省、文化庁
住所:〒153-0062東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
URL:東京都写真美術館

APAアワードは1961年より開催されている歴史ある写真の公募展で、これまで著名な写真家を数多く輩出してきました。「広告作品部門」は実際に世の中に流通した広告写真から審査し選出しています。「写真作品部門」はテーマに沿って自由な発想と写真表現で競い合う写真コンペです。今年度のテーマは「しゃしん」。「写真作品部門」の入賞入選作品のみをご紹介いたします。(「広告作品部門」の展示は行いません。)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る