「やきもの巡り2 大阪・兵庫編」茶道資料館

やきもの巡り2 大阪・兵庫編

名称:「やきもの巡り2 大阪・兵庫編」茶道資料館
開催期間:2022年1月7日(金) ~ 4月10日(日)
【前期】1月7日(金) ~ 2月20日(日)
【後期】2月23日(水) ~ 4月10日(日)
開館時間:午前9時30分~午後4時30分
  (入館は午後4時まで)
休館日:月曜日(但し、祝日、3月28日は開館)、各月最終火曜日、 展示替え期間(2月21日、22日)、3月22日
入館料:一般700円、大学生400円、中高生300円 小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
住所:〒604-0925 京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町475(京都市役所西側)
TEL:075-212-9793
URL:茶道資料館

「やきもの巡り2 大阪・兵庫編」茶道資料館
「やきもの巡り2 大阪・兵庫編」茶道資料館

高槻焼、桜井里焼、古曽部焼、大河内焼、難波焼、高原焼、吉向焼、湊焼、谷焼、八田焼、道楽焼。 丹波焼、三田焼、王地山焼、古市焼、出石焼、東山焼、明石焼、朝霧焼、舞子焼、赤穂焼、野田焼、珉平焼・・・さて、あなたはいくつ知っていますか?
中世以降、日本各地に数多くの陶磁窯が誕生しました。日本六古窯をはじめ、日本を代表する窯業地へと発展した窯から、近世後期の開窯ラッシュ期に築かれた小窯に至るまで、その数は数百にも及ぶと言われています。しかし、現在、一般的によく知られている陶磁窯はその内のごく一部です。 そこで、近畿各地において、中世から近世後期に生産されたやきものを中心に、「ご当地のやきもの」を紹介する展覧会をシリーズ化して開催いたします。
平成29年春夏展として開催した第1回京都・滋賀編に続き、今回は大阪、兵庫のおよそ20窯を取り上げ、歴史的背景とともに諸窯の特徴、魅力を紹介します。 ※ 新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、入館と呈茶はHP・電話での予約を優先します。 ※ 配布済みの展覧会リーフレットの裏面について、下記のとおり誤表記がございましたので、お詫びして訂正いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る