企画展「第25回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」川崎市岡本太郎美術館

名称:企画展「第25回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」川崎市岡本太郎美術館
開催期間:2022年2月19日(土)~2022年5月15日(日)
開館時間:9:30-17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(3月21日、5月2日を除く)、2月24日(木)、3月22日(火)、5月10日(火)、5月11日(水)
観覧料:一般700(560)円、高・大学生・65歳以上500(400)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
同時開催:常設展「岡本太郎と夜-透明な混沌」(会期:1月20日(木)~5月8日(日))
主催: 川崎市岡本太郎美術館、公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
住所:〒214-0032神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内
TEL:044-900-9898
URL:川崎市岡本太郎美術館

時代に先駆けて、たえず新たな挑戦を続けてきた岡本太郎。
岡本太郎現代芸術賞は、岡本の精神を継承し、自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰するべく設立されました。
今年で25回目を迎える本賞では、578点の応募があり、創造性あふれる24名(組)の作家が入選を果たしました。
21世紀における芸術の新しい可能性を探る、意欲的な作品をご覧ください。

入選者(50音順・敬称略)

  • 青山 夢
  • 井下 紗希
  • 伊藤 千史
  • 因幡 都頼
  • 岡田 杏里
  • 岡田 智貴
  • 角 文平
  • GengoRaw(石橋友也 + 新倉健人)
  • 硬軟+stenographers
  • 平良 志季
  • 高田 茉依
  • 張 安迪
  • 津川 奈菜
  • 出店 久夫
  • 中澤 瑞季
  • 野々上 聡人
  • 藤森 哲
  • 堀川 すなお
  • 三塚 新司
  • 村上 力
  • 森下 進士
  • Yoko-Bon
  • 吉元 れい花
  • 与那覇 俊

審査員(50音順)

  • 椹木 野衣:美術批評家/多摩美術大学教授
  • 土方 明司:川崎市岡本太郎美術館館長
  • 平野 暁臣:空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長
  • 山下 裕二:美術史家/明治学院大学教授
  • 和多利 浩一:ワタリウム美術館キュレーター

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る