2022展示IV「食器愛玩 ~食を彩る器~(仮)」逸翁美術館

尾形乾山作「竜田川文向付」

名称:2022展示IV「食器愛玩 ~食を彩る器~(仮)」逸翁美術館
会期:2022年9月17日(土)~11月27日(日)
休館日:毎週月曜日
  ただし9月19日(月)10月10日(月)は開館、9月20日(火)10月11日(火)は休館
開館時間:午前10時~午後5時(ただし入館受付は4時30分まで)
観覧料:一般 700円
  大・高生 500円
  中・小生以下無料
  シニア(65歳以上)500円
アクセス:阪急電鉄宝塚線 池田駅から北東へ徒歩約10分、詳細はこちら。
主催;公益財団法人阪急文化財団

住所:〒563-0058大阪府池田市栄本町12-27
TEL:072-751-3865
URL:逸翁美術館

「色絵金彩花紋紅茶碗」
「色絵金彩花紋紅茶碗」

 汁物が入った椀、料理が盛られた皿や鉢、酒を飲むための杯や徳利などの酒器、お茶やコーヒーを飲むための湯飲みやティーカップ…。毎日の食を彩る器は、素材や形状、色やデザインなど、用途によっても多彩な種類があります。
 今回の展示では、日本の食器のみならず、中国、東南アジア、ヨーロッパの洋食器など、様々な地域の食器を取り上げます。また、茶事において用いられる茶懐石のための食器も展示し、その取り合わせも合わせてご覧いただきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る