特別展「みんなでつなげる鉄道150年—鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」横浜市歴史博物館

特別展「みんなでつなげる鉄道150年—鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」横浜市歴史博物館

名称:特別展「みんなでつなげる鉄道150年—鉄道発祥の地よこはまと沿線の移り変わり―」横浜市歴史博物館
会期:2022年3月19日(土)〜9月25日(日)
開館時間:9:00~17:00(券売は16:30まで)
料金:特別展・常設展共通
  一般 1,200円
  大学生・高校生 1,000円
  中学生・小学生、横浜市内在住65歳以上 500円
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、3月22日、6月21日(展示替え日)、7月19日、9月20日
主催:公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団、横浜市歴史博物館
共催:横浜市教育委員会
住所:〒224-0003神奈川県横浜市都筑区中川中央1-18-1
TEL:045-912-7777
URL:横浜市歴史博物館

令和4年(2022)は、新橋と横浜の間を結ぶ鉄道が開業してから150周年の節目の年にあたります。明治5年5月3日(1872年6月8日)品川・横浜間で鉄道が仮開業し、同年9月12日(1872年10月14日)には新橋・横浜間の全線が開業し、現在も10月14日は鉄道記念日となっています。
 また、150年の時を経た令和4年には、相模鉄道線・JR直通線・東急東横線を結ぶ、神奈川東部方面線の開業予定をはじめ横浜市営交通が開業100周年を迎えるなど、横浜を中心に鉄道に大きな注目が集まる年となります。
 この節目の年にふさわしい横浜市歴史博物館の展覧会として、横浜にかかわる鉄道各社の歩みを展覧会や多くの関連事業を通じて紹介し、各社の鉄道利用者はもとより、鉄道愛好家や広く横浜市民に対し、ふるさと横浜の発展を屋台骨となって支えてきた鉄道の歴史の奥深さや新たな発見を伝え、横浜や鉄道に対する愛着を深めることを目的として開催する特別展です。
*会期中展示替えがあります
前期:3月19日(土)~6月19日(日)、後期:6月22日(水)~9月25日(日)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る