企画展「齋藤拙堂–齋藤正和コレクション受贈記念–」石水博物館

企画展「齋藤拙堂–齋藤正和コレクション受贈記念–」

名称:企画展「齋藤拙堂–齋藤正和コレクション受贈記念–」石水博物館
会期:2022年2月19日(土)~4月17日(日)
住所:〒514-0821三重県津市垂水3032-18
TEL:059-227-5677
URL:石水博物館

齋藤拙堂像 池田雲樵筆 安政6年(1859)
齋藤拙堂像 池田雲樵筆 安政6年(1859)

 齋藤拙堂(一七九七~一八六五)は、江戸時代の末に津を拠点に活躍した漢学者で、津藩校・有造館の第三代督学(校長)としても知られています。
 石水博物館では、当館ゆかりの津の豪商・川喜田家とも親しい関係にあった拙堂の作品を幾度も展示してきました。これを機縁として、先年、拙堂の玄孫に当たられる齋藤正和氏から拙堂の遺墨、および関連作品を寄贈、寄託いただきました。
 本展は、齋藤正和コレクションの受贈を記念し、拙堂自筆の書画や、著作、交流のあった文人の作品をご紹介するものです。
(公式サイトより)

寄書「蘭秀菊芳」 齋藤拙堂題、土井聱牙ほか筆 安政4年(1857)
寄書「蘭秀菊芳」 齋藤拙堂題、土井聱牙ほか筆 安政4年(1857)
書「江戸客中書懐詩」 齋藤拙堂筆 安政2年(1855)
書「江戸客中書懐詩」 齋藤拙堂筆 安政2年(1855)
山田長政奉納戦艦図絵馬写 天保10年(1839)
山田長政奉納戦艦図絵馬写 天保10年(1839)
書「非我而当者吾師也」 齋藤拙堂筆 安政4年(1857)
書「非我而当者吾師也」 齋藤拙堂筆 安政4年(1857)
水滴 銘「天録」
水滴 銘「天録」
硯「龍池」 藤堂高猷下賜
硯「龍池」 藤堂高猷下賜

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る