第172回ミニ企画展「柴田晩葉と近代日本画家の大津絵」大津市歴史博物館

第172回ミニ企画展「柴田晩葉と近代日本画家の大津絵」大津市歴史博物館

名称:第172回ミニ企画展「柴田晩葉と近代日本画家の大津絵」大津市歴史博物館
会期:令和4年(2022年)3月8日(火曜)から4月24日(日曜)まで
住所:〒520-0037滋賀県大津市御陵町2-2
TEL:077-521-2100
URL:大津市歴史博物館

大津出身の山元春挙門人・柴田晩葉(1885~1942)は、京都絵専を修了後、山元画塾に入門した新世代塾員です。作風は大正時代の美術モードを反映する一方、現代における「ユルかわ」に通じる造形を好んで表現し、また大津絵も手がけました。本展では、晩葉の大津絵と日本画作品と共に、当時、民芸運動の影響でこぞって日本画家が描いた大津絵も展示し、コミカルな日本画世界を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る