「亀山裕昭展 致景 ー The beautiful scenery we saw that day」森の美術館

「亀山裕昭展 致景 ー The beautiful scenery we saw that day」森の美術館

名称:「亀山裕昭展 致景 ー The beautiful scenery we saw that day」森の美術館
会期:2022年4月1日(金)〜6月26日(日)
開館時間:10:00~16:00(最終入館 15:30)
   ※事前予約制 ☎04-7136-2207
料金:大人 600円/中高生 300円/小学生以下 無料
休館日:月・火曜日(5月2日、3日は開館)
住所:〒270-0122 千葉県流山市大字大畔(おおぐろ)315
TEL:04-7136-2207
URL:森の美術館

「亀山裕昭展 致景 ー The beautiful scenery we saw that day」森の美術館
「亀山裕昭展 致景 ー The beautiful scenery we saw that day」森の美術館

亀山裕昭の描く風景は、取り立てて特別な場所ではありません。日本各地を取材で訪れてふと出会った、名もなき景色だといいます。
その景色が、なぜこんなにも私たちの心に響くのでしょう?
写真のように繊細で精緻な亀山作品からは、そこに流れる澄んだ風や、降り注ぐ光、冷たい雪や、青く香る草の香りなど、まるで私たちがその場にいるかのような空気を感じられます。そして姿はありませんが、そこに確かに人の営みがあったことを思わせる不思議な力があるのです。
誰もがあの日見たと感じるような美しく懐かしい風景と、先生が惹かれ感動し、時を経て輝きを増す記憶とを共有することで生まれる空気感。
これが亀山裕昭が表現する『致景』です。ぜひ心で感じてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る