船原古墳遺物埋納坑調査の最前線2021-2022」九州歴史資料館

船原古墳遺物埋納坑調査の最前線2021-2022」九州歴史資料館

名称:「船原古墳遺物埋納坑調査の最前線2021-2022」九州歴史資料館
会期:2022年3月29日(火)〜6月26日(日)
開館時間:09時30分~16時30分(入館は16時まで)
料金:無料(第1・3展示室は有料)
休館日:休館日は月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日))
会場:九州歴史資料館
住所:〒838-0106福岡県小郡市三沢5208-3
TEL:0942-75-9575
URL:九州歴史資料館

平成25年3月に福岡県古賀市の船原古墳に隣接して、6世紀後半~7世紀初頭と思われる馬具や武器等を納めた埋納坑が発見され、総数200点以上の豪華で国際色溢れる遺物が当時のままの姿で出土しました。これらの遺物に対してはCT調査をはじめ、様々な科学的な調査が進行しており、科学のメスが入った船原古墳の調査成果をお知らせするパネル展です。今回は、竪矧板革綴冑(たてはぎいたかわとじかぶと)の調査成果を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る