「第2回 FROM それぞれの日本画」郷さくら美術館

「第2回 FROM それぞれの日本画」郷さくら美術館

名称:「第2回 FROM それぞれの日本画」郷さくら美術館
会期:2022年5月21日(土)〜2022年6月19日(日)
会場:郷さくら美術館
時間:10:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
観覧料:一般 500円
  シニア(70歳以上)400円
  大学生・高校生 300円
  中学生 100円
  小学生 無料(保護者の同伴が必要です)
  ※障害者手帳・療育手帳の提示で、上記該当料金の半額
住所:〒153-0051東京都目黒区上目黒1-7-13
TEL:03-3496-1771
URL:郷さくら美術館

川﨑麻央《七福流転》2022年
川﨑麻央《七福流転》2022年

2020年に、これからの日本画壇を担う気鋭の作家たちが、研究・挑戦・発表を目的として「FROM」というグループを結成しました。参加しているのは、押元一敏、川﨑麻央、喜多祥泰、木下めいこ、関谷理、武田裕子、田島周吾、長澤耕平、野地美樹子、山浦めぐみの10名です。
“FROM”には、“生まれや学歴はもちろんのこと活動経緯や所属が様々でありながらも同じ意識を持つ作家集団であること”という意味が込められています。現代日本画の表現を追及した魅力あふれる作品をご堪能下さい。
見どころ
本展は、気鋭の作家たちが日本画という伝統的な技法を継承しながらも、現代に生きる感性で自由な絵画表現を模索しています。しかし、描かれるモチーフは必ずしも現代的なものばかりではなく、神話や自然へ挑戦した作品もあります。10名の作家が描き下ろした大小様々な、色彩豊かでエネルギッシュな作品を一同に展示します。

木下めいこ《花姿~向日葵~》2022年
木下めいこ《花姿~向日葵~》2022年
喜多祥泰《踊る虎》2022年
喜多祥泰《踊る虎》2022年
喜多祥泰《踊る龍》2022年
喜多祥泰《踊る龍》2022年
長澤耕平《汐入の風景》2019年
長澤耕平《汐入の風景》2019年
野地美樹子《Uneri》2022年
野地美樹子《Uneri》2022年
押元一敏《富士礼讃》2022年
押元一敏《富士礼讃》2022年
関谷 理《neglfar》2020年
関谷 理《neglfar》2020年
田島周吾《八色椿図》2020年
田島周吾《八色椿図》2020年
武田裕子《春のあと おくのもりへ》2022年
武田裕子《春のあと おくのもりへ》2022年
山浦めぐみ《From the books on my table Triangles#02》2021年
山浦めぐみ《From the books on my table Triangles#02》2021年

出品作家
押元一敏、川﨑麻央、喜多祥泰、木下めいこ、関谷理、武田裕子、田島周吾、長澤耕平、野地美樹子、山浦めぐみ (五十音順)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る