瀧口修造コレクション「まるごとTADこども美術館にちなんで」富山県美術館

瀧口修造コレクション「まるごとTADこども美術館にちなんで」富山県美術館

名称:瀧口修造コレクション「まるごとTADこども美術館にちなんで」富山県美術館
会期:2022年4月21日(水)~7月26日(火)
開館時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週水曜日、7月19日(火)
   ※4月28日(木)~5月10日(火)は無休
観覧料:一般:300円(240円)
   ( )内は20名以上の団体料金
   コレクション展(展示室1)、デザインコレクション展(展示室5、6)共通チケットです。
   企画展入場当日に限り、企画展チケットにてご覧いただけます。
   次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
   ①児童、生徒(小・中学生、高校生など)
   ②学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です)
   ③各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
   70歳以上および大学生以下の方は、コレクション展が観覧無料。
場所:富山県美術館3階 展示室6
主催:富山県美術館
住所:〒930-0806富山県富山市木場町3-20
TEL:076-431-2711
URL:富山県美術館

今回の展示は、5月28日(土)から始まる「まるごとTADこども美術館」にちなんでいち早く、瀧口コレクションの中から子どもを描いた作品や、南桂子、池田満寿夫の版画、上野紀子の絵本原画など親しみやすい作品をセレクトしました。
また、次回企画展「宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022」の出品作家から、瀧口修造と親交の深かった池田龍雄の作品3点も展示しています。瀧口が病気の際に、体力をつけて早く元気になってほしいとの願いを込めた卵の殻の作品など、瀧口旧蔵の作品を通して2人の交流を知っていただくとともに、池田の絵本作家とは違った現代美術作家としての一面を楽しんでいただけます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る