「HARIBAN AWARD Grand Prize Winning Works 2014-2020」便利堂コロタイプギャラリー

「HARIBAN AWARD Grand Prize Winning Works 2014-2020」便利堂コロタイプギャラリー

名称:「HARIBAN AWARD Grand Prize Winning Works 2014-2020」便利堂コロタイプギャラリー
会期:2022年04月22日(金) 〜 2022年06月10日(金)
会場:便利堂コロタイプギャラリー
時間:10:00~17:00
   ※12:00~13:00は休憩時間のため休廊(入場できませんのでご注意ください)
休館日:土・日曜日、祝日
料金:無料
住所:〒604-0093 京都市中京区新町通竹屋町下ル弁財天町302
TEL:075-231-4351
URL:便利堂コロタイプギャラリー

コロタイプという160年以上に渡る古典写真印画技法と、現代の写真作家を繋げる取り組みとして、2014年より便利堂主催で行っている写真コンペティション「HARIBAN AWARD」。本展では、これまでの「HARIBAN AWARD」で最優秀賞を受賞した作家の中から、7名の作品を一堂に展観します。
「HARIBAN AWARD」では、最優秀賞受賞者は便利堂のコロタイプ工房に招待され、技師と共に作品を制作する権利が与えられます。作家に現在では希少となった印刷技術を体験してもらうと共に、写真作品の表現をより一層広げる機会となる、世界的にも珍しいコンペティションです。
どの作品もコロタイプ工房において、作家と熟練の職人が互いに意見を交わしながら、一点ごとに何度も刷り上がりを確認・校正を繰り返し、より良いプリントを追求して制作したものです。紙やサイズ、細部に至るまで、全てが作家と技師の協力によって作り上げられています。
この展覧会を通じて、それぞれの作品に込められた作家の意図や表現方法、そして作品の魅力を最大限に引き出すコロタイプの質感をお楽しみいただけましたら幸いです。
出展作家
Awoiska van der Molen(第1回/2014)
Antony Cairns(第2回/2015)
Claudio Silvano(第3回/2016)
Stephen Gill(第4回/2017)
Esther Teichmann(第5回/2018)
Margaret Lansink(第6回/2019)
Maude Arsenault(第7回/2020)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る