「田辺恭一 町は美しい」島田美術館

「田辺恭一 町は美しい」島田美術館

名称:「田辺恭一 町は美しい」島田美術館
会期:2022年5月26日(木)~6月12日(日)
観覧料:無料
住所:〒860-0073熊本県熊本市西区島崎4-5-28
TEL:096-352-4597
URL:島田美術館

道沿いに平屋の民家が連なります。マンションもこじゃれたお店もありません。一言で言えば「昭和の通り」でしょうか。
「辻絵師」田辺恭一さんが描いた町並みです。ただそこはメーンストリートではなく、一歩足を踏み入れた先の狭い通りがほとんどでした。まっすぐ偏屈ですねえ。飄々としたお人柄そのもの。見る者をほっこりさせてくれる所以です。
毎年開いていた個展。絵の前に立つとなんとも心温かくなったものです。絵についた説明文は絵とは離れて映画の話でした。画題ではありません。そしてよく見ると街角に映画の看板が立っていたりします。
島田美術館では、1989年、改装前のギャラリーで個展をされました。街中から離れて緑に覆われたここが気に入られたようで、ギャラリーの窓越しに見た風景などや美術館の庭を描き、町の作品ともども当館に数多く置いていかれました。
せっかくなら多くの方の目に触れてほしいと、緑の映えるこの季節に作品展を企画しました。ああこんな町だったと懐かしむもよしキャンパスの中の緑の深さに浸るもよし、思い思いの「町」をお楽しみください。
公益財団法人島田美術館
2022年5月

プロフィール
田辺恭一(たなべ きょういち)
1918年熊本市川端町に生まれる。家業興行師。
1938年熊本県立師範学校卒業。
1945年硯台小学校勤務中、6月応召。鹿児島県指宿の陣地で敗戦を迎え、9月13日熊本県多良木で復員。
1947年新制の出水中学へ移り、以後退職まで中学校美術科教員を務める。
1953年武蔵野美校(通信)入学。3年中途退学。
1954年日展入選。以後断続的に出品。
1958年東光会会員。15年ほどで退会。日展出品もやめる。
1977年託麻中学校を最後に教員退職。その後、個展活動(「町」シリーズ)に専念。
1988年雑誌「暗河」に戦記「加久藤越」を発表。
著作に、画集『町は美しい』、小説『川向こうの団欒』、小説『町は消えていた』『加久藤越』がある。
2013年2月4日 死去

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る