開館15周年記念 特別展「ハニワの世界へようこそ」島根県立古代出雲歴史博物館

開館15周年記念 特別展「ハニワの世界へようこそ」島根県立古代出雲歴史博物館

名称:開館15周年記念 特別展「ハニワの世界へようこそ」島根県立古代出雲歴史博物館
会期:2022年7月1日(金)〜8月28日(日)
開館時間:9:00~18:00 (最終入館は17:30)
料金:一 般 :特別展 1000円、常設展とのセット券 1310円
   大学生 :特別展 500円、常設展とのセット券 700円
   小中高生:特別展 300円、常設展とのセット券 400円
休館日:7月19日(火)、8月2日(火)
会場:島根県立古代出雲歴史博物館
住所:〒699-0701島根県出雲市大社町杵築東99-4
TEL:0853-53-8600
URL:島根県立古代出雲歴史博物館

両手を挙げる女性 松江市岩屋後古墳出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 明治時代に発見され、旧帝室博物館(東京国立博物館)に収蔵された人物埴輪4体が、約25年ぶりに里帰りする。
両手を挙げる女性 松江市岩屋後古墳出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 明治時代に発見され、旧帝室博物館(東京国立博物館)に収蔵された人物埴輪4体が、約25年ぶりに里帰りする。

出雲国出身の野見宿禰は、相撲の始祖として知られていますが、『日本書紀』には野見宿禰が殉死を改め、人や馬などの「土物(はにもの)」をつくらせて墓に立てたとする、埴輪の起源説話がみえます。この逸話は、考古学的な事実と必ずしも一致するものではありませんが、出雲の地と埴輪の間に浅からぬ縁があると考えることもできるでしょう。また埴輪の存在は、古代の人々にとっても大きな関心事であったことがうかがえます。
古墳上に埴輪を立て並べる習慣は、前方後円墳が全国的に築造されはじめるのにあわせて各地に広まりました。出雲地方では古墳時代前期末(4世紀の終わり頃)、最初の埴輪が登場します。この頃の埴輪は、古墳上や周囲に並べて区画したり飾ったりする意味合いが強く、形も筒状に作られた円筒埴輪など比較的シンプルなものでした。しかし時代を経て埴輪の役割はより複雑になっていきます。武器や儀式に使う道具を模したものや、家を模った埴輪の登場は、古墳に葬られた力を象徴的に示すものだったと考えられます。
古墳時代後期には、古墳の一角を区切り、多彩な埴輪を並べ、被葬者の生前の活躍や首長継承のまつりを再現するようになります。馬や鶏などの動物や、様々な装いの人物を模った埴輪は、より表情豊で個性的なものとなりました。
本展では山陰地方出土の形象埴輪を中心に、人物や動物をかたどった様々な埴輪を展示します。制作時期や地域毎の特徴や違いといった考古学的な点だけでなく、個々の埴輪が持つ造形としての面白さにも注目してください。とぼけた表情や、絶妙にデフォルメされた姿など、ちょっと気になるチャームポイントがきっと見つかるはずです。もしかすると、身近なあの人に似た埴輪があるかもしれません。
さあ、この夏はハニワの世界を探検してみましょう。

【重要美術品】鹿 鳥取県東伯郡北栄町・上下(はした)213号墳出土(鳥取大学蔵)鳥取県立博物館保管 斑点の彩色がかわいらしい鹿埴輪。ちょっと首をかしげている。
【重要美術品】鹿 鳥取県東伯郡北栄町・上下(はした)213号墳出土(鳥取大学蔵)鳥取県立博物館保管 斑点の彩色がかわいらしい鹿埴輪。ちょっと首をかしげている。

プロローグ ハニワの世界へようこそ
山陰出土の埴輪をてがかりに、その起源や種類、特徴を紹介します。
第1章 牧に集う馬たち
古墳時代、馬は有力者たちにとって力の象徴でもありました。細かく再現された馬具、でもなんだか「ゆるカワ」な表情が愛らしい、そんな馬たちが集合します。
第2章 ハニワ動物園
埴輪の中には様々な動物をかたどったものが見られます。鹿や猿、鶏、水鳥などの埴輪は、一体何を意味していたのでしょう?
第3章 ハニワになった人々
数ある埴輪の中でも、人物埴輪はその服装や持ち物、髪型や表情など見所がたくさんあります。あなたの「イチオシ」はだれですか?
第4章 器財のハニワ
これは一体何の埴輪?器財埴輪にはそんな究極のデフォルメが生かされています。「ゆるカワ」だけではない、古代人の発想力を楽しみましょう。
エピローグ 岩佐 新とハニワの世界

巫女 茨城県水戸市出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 何かを捧げ持っている姿。顔の文様は入れ墨を表していると言われる。
巫女 茨城県水戸市出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 何かを捧げ持っている姿。顔の文様は入れ墨を表していると言われる。
【大山町指定文化財】猿 鳥取県大山町ハンボ塚古墳出土(大山町教育委員会蔵) 永らく人物とされていた埴輪。同古墳の人物埴輪とは作り方が異なるので、今回は猿として紹介。顔は赤く塗ってある。
【大山町指定文化財】猿 鳥取県大山町ハンボ塚古墳出土(大山町教育委員会蔵) 永らく人物とされていた埴輪。同古墳の人物埴輪とは作り方が異なるので、今回は猿として紹介。顔は赤く塗ってある。
【重要文化財】馬 埼玉県熊谷市出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 最も整った馬形埴輪としてよく紹介される。
【重要文化財】馬 埼玉県熊谷市出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 最も整った馬形埴輪としてよく紹介される。
大刀 神奈川県横浜市瀬戸ヶ谷古墳出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 玉纏(たままきの)大刀と呼ばれる華麗な装飾を持つ大刀を表現した埴輪。有力豪族のみが持つことを許された大刀である。その形状が何を表現したのか不明であった頃は、消火器形埴輪とも呼ばれた。
大刀 神奈川県横浜市瀬戸ヶ谷古墳出土(東京国立博物館蔵)Image:TNM Image Archives 玉纏(たままきの)大刀と呼ばれる華麗な装飾を持つ大刀を表現した埴輪。有力豪族のみが持つことを許された大刀である。その形状が何を表現したのか不明であった頃は、消火器形埴輪とも呼ばれた。
 岩佐新「埴輪スケッチ」水彩 1958年(島根県立美術館蔵) 洋画家・美術評論家である岩佐新(安来市伯太町出身)が描いた埴輪スケッチ51枚のうち10枚を展示。岩佐は、石橋正二郎(株式会社ブリヂストンタイヤの創業者で、美術蒐集家)のブレーンとして活躍、そのコレクション管理やブリジストン美術館の事業に携わった。
岩佐新「埴輪スケッチ」水彩 1958年(島根県立美術館蔵) 洋画家・美術評論家である岩佐新(安来市伯太町出身)が描いた埴輪スケッチ51枚のうち10枚を展示。岩佐は、石橋正二郎(株式会社ブリヂストンタイヤの創業者で、美術蒐集家)のブレーンとして活躍、そのコレクション管理やブリジストン美術館の事業に携わった。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る