明大コレクション51「中国殷代の甲骨文」明治大学博物館

明大コレクション51「中国殷代の甲骨文」明治大学博物館

名称:明大コレクション51「中国殷代の甲骨文」明治大学博物館
会期:2022年6月3日(金)〜9月13日(火)
開館時間:月~金曜日 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
土曜日:10:00~12:30 (入館は12:00まで)
料金:入館無料
休館日:日曜日・祝日/2022年8月10日(水)~8月16日(火)
会場:明治大学博物館
住所:〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 アカデミーコモンB1
TEL:03-3296-4448
URL:明治大学博物館

第13代殷王「祖乙」の名が記された11号卜甲(第2期)
第13代殷王「祖乙」の名が記された11号卜甲(第2期)

甲骨文字は、古代中国の殷王朝期において占いに用いられた亀の甲羅(腹側)や牛の肩甲骨に刻まれた文字です。紀元前1300~同1100年(日本では縄文時代後期に相当)頃のものであり、王の行動や政治、自然現象に関する占いについて記しています。これらが19世紀末に河南省の殷墟遺跡で発見されたことで、文献上でしかわからなかった殷王朝が実在することが証明されたのです。
今回は、比較的数が少ないとされる第2期と第4期の資料を含む当館所蔵の12点を紹介します。漢字のルーツでもある貴重な資料をこの機会にぜひご覧ください。
<展示資料>第1期卜骨3点、第2期卜甲3点・卜骨6点、第4期卜骨1点

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る