開館30年特別展「竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録―」神戸市立小磯記念美術館

 小磯良平《室内のT氏像》1966年 当館蔵

名称:開館30年特別展「竹中郁と小磯良平―詩人と画家の回想録―」神戸市立小磯記念美術館
会期:2022年10月8日(土曜日)~ 12月18日(日曜日)
会場:神戸市立小磯記念美術館
住所:〒658-0032兵庫県神戸市東灘区向洋町中5-7
TEL:078-857-5880
URL:神戸市立小磯記念美術館

小磯良平《彼の休息》1927年 東京藝術大学蔵
小磯良平《彼の休息》1927年 東京藝術大学蔵

詩人・竹中郁と画家・小磯良平は、神戸二中(現・兵庫高校)で出会い生涯の友となりました。それぞれ関西学院(現・関西学院大)と東京美術学校(現・東京藝大)を卒業後、ともにヨーロッパへ遊学し、帰国してからは神戸で活躍しました。人生の大半を親友として過ごした二人は、表現媒体は異なりますが、軽やかで清冽な作風を共有しています。本展では、交友のあった芸術家たちの作品も交えながら、彼らの芸術をたどります。

 小磯良平《室内のT氏像》1966年 当館蔵
 小磯良平《室内のT氏像》1966年 当館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る