第389回企画展「南桂子展 透き通る森」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

第389回企画展「南桂子展 透き通る森」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

名称:第389回企画展「南桂子展 透き通る森」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
会期:2022年7月16日(土)~10月23日(日)
開館時間:11:00〜17:00 土日祝は10:00~(最終入館閉館30分前)
  〈ナイトミュージアム〉毎月第1・3金曜日20:00まで開館
入館料:大人 600円 大学、高校生 400円 中学生以下 無料
住所:〒103-0014東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
TEL:03-3665-0251
URL:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

第389回企画展「南桂子展 透き通る森」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
第389回企画展「南桂子展 透き通る森」ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

銅版画家・南桂子(1911-2004)の静かな作品を展示します。
広がる空、澄み渡る風、水の輝き、
ひっそりとした透明な世界に、物語を見つけてください。
本展では、会場の一角にて、小説家・小川洋子氏が選んだ南作品
「書かれたい物語がひそんでいる絵」を展示します。

-特別企画-
小説家・小川洋子「書かれたい物語がひそんでいる絵」
小川洋子氏の小説には、いつも美しさに満ちた、独自の静謐な作品世界があります。
葉の中の鳥、視線を合わせない少女・・・小川氏の見た南桂子作品をお楽しみください。

小川洋子
91年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。著書は『博士の愛した数式』『密やかな結晶』『薬指の標本』『猫を抱いて象と泳ぐ』『琥珀のまたたき』はじめ多数。近著に『遠慮深いうたたね』(河出書房)『小川洋子の作り方』(田畑書店編)、『掌に眠る舞台』(集英社)など。 多くの作品は世界各国語に翻訳されている。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る