夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」新潟県立歴史博物館

夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」新潟県立歴史博物館

名称:夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」新潟県立歴史博物館
会期:令和4年7月16日(土)~8月28日(日)
時間:9:30~17:00(観覧券の販売は16:30まで)
場所:新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日、8/1は開館)
観覧料:常設展観覧料でご覧いただけます。
   一般520円(410円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
   ※(  )は20名様以上の団体料金
住所:〒940-2035新潟県長岡市関原町1字権現堂2247-2
TEL:0258-47-6130
URL:新潟県立歴史博物館

夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」新潟県立歴史博物館
夏季テーマ展示「重要文化財村尻遺跡出土品」新潟県立歴史博物館

新潟県新発田市の村尻遺跡では、弥生時代の集団墓地が昭和55・56年(1980・1981)に発掘されました。平成25年(2013)に、遺骨を土器におさめ再葬したと考えられる墓穴から発掘された出土品(土偶形容器1点、壺形土器10点、鉢形土器1点、深鉢形土器2点、甕形土器1点、骨垂飾2点、附の石片1点)が重要文化財に指定されました。なかでも土偶形容器は全形がほぼ残る大形の優品です。頭や手足は表現されていませんが、人体を模したと一目でわかる造形に特徴があります。
本展は、弥生時代の葬送儀礼を考えるうえで、極めて重要な資料であり学術的価値が高い重要文化財の村尻遺跡出土品を一堂に展示します。

土偶形容器/新発田市 村尻遺跡12号土坑出土 弥生時代中期 新発田市教育委員会所蔵・当館寄託
土偶形容器/新発田市 村尻遺跡12号土坑出土 弥生時代中期 新発田市教育委員会所蔵・当館寄託

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る