岡本果倫 個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」ワコールスタディホール京都

岡本果倫 個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」ワコールスタディホール京都

名称:岡本果倫 個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」ワコールスタディホール京都
会期:2022年8月3日(水)~9月2日(金)月曜~金曜 10:00-20:00 
休 館:土曜・日曜・祝日 
会 場:ワコールスタディホール京都 ギャラリー
入場料:無料
主 催:ワコールスタディホール京都
住所:〒601-8506 京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1階
TEL:075-556-0236
URL:ワコールスタディホール京都

岡本果倫 個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」ワコールスタディホール京都
岡本果倫 個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」ワコールスタディホール京都

このたび、ワコールスタディホール京都にて岡本果倫の個展「Telepathy,heaven,tiny gangs」を開催いたします。
岡本果倫は、多摩美術大学絵画学科版画科を卒業し、インスタレーションや水彩画を中心とした物語性のある作品を制作し発表しています。
本展では、言葉のないコミュニケーションをテーマに水彩画で描かれた人や動植物が物語に合わせ壁を自由にとびまわり、夢物語のような世界に皆様を引き込みます。この機会にぜひご覧ください。
“エメラルドの水、砂糖水、数字の3、ブラジルヤシ、瓶の底、ソファ、やわらかな白い岩。 青い花たち、深刻なムード。サングラス。
テレパシー、ヘブン、タイニーギャングス。
そんな、いとおしくてどうでもいい1日のこと。”
壁に自由にとびまわる小さな絵画たち、ものがたりの言葉とともに、ぜひご覧いただけたらうれしいです。
(岡本果倫)

岡本果倫 Karin Okamoto
1983年生まれ。
神奈川県在住。ペインター、イラストレーター。
多摩美術大学絵画学科版画科卒。様々な素材を用いて、物語性のあるインスタレーションや絵画作品を制作し展覧会にて発表している。
その他、クライアントワークとしてパッケージ、ロゴ、挿絵などのイラストを手がけるほか、アルミのオーナメントの制作や、 子どもたちや大人に向けたWSを不定期に開催。また、2014年よりガラスのビーズを刺繍したアクセサリーブランドnrika pierceを立ち上げ活動中。
(主な展示)
2018年3月「花ビンのダンス」/dessin(東京・中目黒)
2020年5月「Open flowers」/あお山ヒュッテonline(東京・青山)
2021年2月「love letter」/ニュースタア渋谷PARCO(東京・渋谷)
3月「poetic new you」/April Shop(東京・代々木上原)
6月「love your self first」/あお山ヒュッテ(東京・青山)
7月「pink sun pink moon pink you」/fabric camp(神奈川・鎌倉)
10月「まぼろし」/John(神奈川・鎌倉)
2022年3月「peaceful collector」/fons(愛知・覚王山)
6月「水彩祭」group exhibition/ultra super new gallery(東京・渋谷)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る