「Ambivalence -Youth to Use ! 2022-:神田 凜 / 坂本 直輝 / 芳田 眞生子」Art Spot Korin

「Ambivalence -Youth to Use ! 2022-:神田 凜 / 坂本 直輝 / 芳田 眞生子」Art Spot Korin

名称:「Ambivalence -Youth to Use ! 2022-:神田 凜 / 坂本 直輝 / 芳田 眞生子」Art Spot Korin
会期:2022/09/27(火) 〜 2022/10/02(日)
会場:Art Spot Korin
時間:15:00~19:00(最終日は18:00まで)
料金:無料
住所:〒605-0089 京都市東山区元町367-5
TEL:075-746-3985
URL:Art Spot Korin

私たちは生活する中で、アンビバレントな(相反する考えや感情を同時に抱えている)状態をしばしば経験する。 はっきりとしない不安定さからその状態をネガティヴに考えてしまいがちだが、あいまいに狭間を揺れ動く感情を客観的に捉え、それぞれが作品を展開させる。
神田 凜
自分の中にある感情の動きを表現しています。
今回はヨットを製作しました。
前に進みたいけれど進めない、そんな葛藤の中に少しの希望が見出せたら良いなと思っています。
京都精華大学芸術学部造形学科立体造形専攻4年
2020「Fusione」妙満寺大書院
2021 立体造形3回生展示 京都精華大学5号館前広場
   立体造形3回生展示 京都精華大学春秋館
2022 立体造形3回生進級制作展 妙満寺大書院
   ドラフト・ライブラリー in 明窓館「書を拾い、喋るでしかしッ!」京都精華大学ギャラリーTerra-S
   「marbling」京都精華大学天ヶ池
坂本直樹
小さい頃、誰かが手放してしまった風船が空高く飛んでいくのをずっと見ていた時、その風船が天にゆっくりと昇っていく魂のように見えた経験から、風船をモチーフにし鍛金の絞り技法を用いて制作しています。
また、風船をアルミという全く異なる性質で表現することで、金属が浮いているような不思議な体験をしてもらいたいと思っています。
2019 京都精華大学芸術学部造形学科立体造形専攻 入学
2020 グループ展「Style」京都精華大学本館ギャラリー
   「Fusione」妙満寺大書院
2021「創造的ドローイング 作家になるために Hoe tobe an artist」京都精華大学本館ギャラリー
   立体造形3回生展示 京都精華大学春秋館
2022 立体造形3回生進級制作展 妙満寺大書院
Instagram:@sak_anao1997
芳田 眞生子
非日常的な世界観を感じて楽しんでもらえるインスタレーションを目指しています。
自身が視覚的な奥行きがあるものに興味があるため、そうした表現を取り入れています。
今回は陶器の中の世界を体験してほしいです。
2019 京都精華大学芸術学部造形学科立体造形専攻 入学
   体幹教育展示京都精華大学ギャラリーフロール
2020「Fusione」妙満寺大書院
2021 立体造形3回生展示 京都精華大学春秋館
2022 立体造形3回生進級制作展 妙満寺大書院

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る