「上田普 書作品展-山水sansui」The Terminal KYOTO

「上田普 書作品展-山水sansui」The Terminal KYOTO

名称:「上田普 書作品展-山水sansui」The Terminal KYOTO
会期:2022年9月23日(金)~10月10日(月)
時間:9:00~18:00
住所:〒 600-8445 京都市下京区新町通仏光寺下ル岩戸山町424番地
TEL:075-344-2544
URL:The Terminal KYOTO

山は水を以て血脈となし、草木を以て毛髪となし、煙雲を以て神彩となす」
山は静的であり、水は動的で雲や霧なども含め無限。 また地球上の天地でもあり、その天地の気を集めると石になるという。 雄大な自然も、小さな石も等しく山水。 様々なジャンルのアーティスト、企業とコラボレーションしつつ京町家の中に書の山水を持ち込みます。

上田普
1974年兵庫県生まれ。幼少期から母親の元で書を学ぶ。1996年四国大学書道コース卒業。1998年に中国・杭州大学へ留学、その後2000年にカナダ・トロントで活動。2002年に制作の場を京都へ移す。2005年京都市美術協会より新鋭美術作家に選出。その後アート・シドニー(オーストラリア)、 韓国国際アートフェア、木津川アート(京都)、Water Tower Art Fest2014(ブルガリア)、AKIN(ウェールズ・UK)、Art Fair Tokyo等に参加。また、京都×パリのアーティストコラボレーション事業「SAVOIR-FAIRE DES TAKUMI」へ選出。2019年には“Esprit Japon”Musee Hebert(グルノーブル)に参加。その他、白沙村荘 橋本関雪記念館、知恩院、金沢市民芸術アート工房などで個展を開催。
デザインの分野では題字を担当した泉鏡花作、中川学絵の絵本「龍潭譚」、同じく「絵本化鳥」が 2014年アジアデザイン賞を受賞。また、クライアントワークとしてNMB48、男前豆腐店、叶匠寿庵、柊家旅館、前田珈琲等の商品ロゴ制作監修を行う。その他、国際会議UFI TOKYOでのVR書道ライブパフォーマンス、京都・時代祭館十二十二 館内映像、東アジア文化都市・京都2017のプロモーション映像制作、最先端の映像制作にも関わる。
http://www.uetahiroshi.com
※作家在廊予定日:9/23~9/25・9/27、10/2~4・10/9・10/10

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る