第233回企画展「FormSWISS(フォーム・スイス)」京都dddギャラリー

第233回企画展「FormSWISS(フォーム・スイス)」京都dddギャラリー

名称:第233回企画展「FormSWISS(フォーム・スイス)」京都dddギャラリー
会期:2022年10月05日(水)~11月20日(日)
開館時間:11:00-19:00 土日祝は18:00まで
休館日: 月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日)、 祝日の翌日(土日にあたる場合は開館)
主催:公益財団法人DNP文化振興財団
共催:&Form LLC
展示設計:中村竜治建築設計事務所
展示グラフィック/レイアウト:&Form
住所:〒616‒8533 京都市右京区太秦上刑部町10
TEL:075-871-1480
URL:京都dddギャラリー

オンライン環境が加速し、どこでもどんな情報でもすぐに手に入る一方、やはりリアルでしか手に入らないものもある。コロナ禍になる前の2019年。デザイナー、デザイン学校、美術館をリストアップして自らアポをとり、カメラ片手に電車を乗り継いで、ひとりスイスを旅した1ヶ月のデザインリサーチで改めてそのことを実感しました。グローバルデザインプラットフォーム「Form」はデザインスタジオ&Formが主催する、世界各国のデザイナーやデザイン教育機関との対話やリサーチを通じて、これからのデザイナーの役割や意義、思想、教育について探求し、メディアや展覧会、教育の場など多方面から発信していく継続型デザインプロジェクト。今だからこそ、改めてデザインの美しさや機能、デザインの思考、そして豊かに生きていくことなどを、ふと立ち止まって考えてみるのもいいのではないかと、思ったのが「Form」を立ち上げたきっかけです。
そのFormの第一弾としてスイスを選び、東京、神戸で行った現在進行形のスイスのビジュアルデザイン(グラフィックデザイン、タイポグラフィ、モーショングラフィックスなど)と、そのデザイン的思考やライフスタイルにフォーカスしたデザイン展「FormSWISS」の巡回展を京都dddギャラリーで開催します。スイスの小さな村や街から国境を越えて世界のデザイン界に影響を与えているデザイナーを中心に、デザイン大学、美術館など 15組への貴重なインタビュー映像の上映や現在のスイスデザインを代表するトップデザイナー達の出品展示、多分野のクリエイター達を交えてのパネルディスカッションなどを通 じて、スイスの多様なデザインや教育 、ライフスタイルや価値観などをデザイン的視点から多角的に紹介していきます。本展を通じ、私たちが思い描く従来の“スイスデザイン”のイメージとは異なるスイスデザインを体験してください。
丸山新(&Form)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る