冨田伊織作品展 新世界「透明標本」狭山市立博物館

冨田伊織作品展 新世界「透明標本」狭山市立博物館

名称:冨田伊織作品展 新世界「透明標本」狭山市立博物館
会期:2022年9月23日(金)〜11月27日(日)
開館時間;9:00~17:00(最終入場16:30)
料金:一般:300円(団体200円)
   高大生:200円(団体100円)
   中学生以下:無料
   ※()内は20名以上の団体料金。
   ※各種障害者手帳提示で付添1名まで無料
   ※11月14日(月)県民の日は入館無料
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)
会場:狭山市立博物館
住所:〒350-1324 埼玉県狭山市稲荷山1-23-1
TEL:04-2955-3804
URL:狭山市立博物館

冨田伊織作品展 新世界「透明標本」狭山市立博物館
冨田伊織作品展 新世界「透明標本」狭山市立博物館

令和4年度秋期企画展では、狭山市出身の透明標本作家、冨田伊織氏作成の「透明標本」を展示します。皆さんは「標本」ときくと「ホルマリン標本」などを思い浮かべるのではないでしょうか。
今回展示する「透明標本」は、皆さんが想像する標本とはあまりにもかけ離れた存在であり、生物でありながら目に映る造形は、まるで鉱物で形作られたかのような美しさです。たんぱく質を酵素により分解し、肉質を透明化した上で、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色しています。
冨田氏は北里大学水産学部在学中に、研究用の透明骨格標本に魅せられ、独自に制作を開始しました。
その作品は骨格研究の手法をベースとした本物の生物標本でありながら「命」をより身近に感じる「造形作品」としての魅力も併せ持っています。
日本国内ではもちろん、世界中で注目を集めています。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る