「竹中美幸展」大垣市スイトピアセンターアートギャラリー

『記憶の音』2020 清流の国ぎふ芸術祭2020

名称:「竹中美幸展」大垣市スイトピアセンターアートギャラリー
会期:2023年2月4日(土)〜3月21日(火・祝)
会場:大垣市スイトピアセンター アートギャラリー
開場:9:00〜17:00
主催:大垣市・大垣市教育委員会
運営:(公財)大垣市文化事業団
入場料:入場無料
住所:〒503-0911岐阜県大垣市室本町5-51
TEL:0584-82-2310
URL:大垣市スイトピアセンターアートギャラリー

『物の語り』(部分)2022
『物の語り』(部分)2022

大垣市出身の美術作家・竹中美幸による現代美術の展覧会です。
主に透明な素材を用いて制作しており、光や影を取り込んだ平面作品やインスタレーションを展開しています。
本展では、旧作から近作、そして本展のために制作された新作をご紹介予定です。

『記憶に着色』2022
『記憶に着色』2022

竹中美幸 miyuki takenaka
大垣市出身。多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業後、同大学大学院美術研究科修了。東京を拠点に活動。主に透明な素材を用いて制作しており、光や影を取り込んだ平面作品やインスタレーションに展開。 近年の個展に「都市のさざめき」(2019 新宿パークタワーギャラリー1/東京)「陰と陽と」(2022 アートフロントギャラリー/東京)など。近年のグループ展にクインテットⅣ五つ星の作家たち(2018 SOMPO美術館/東京)、シェル美術賞アーティスト・セレクション2017(国立新美術館/東京)、奥能登国際芸術祭2020+(スズシアターミュージアム/石川)、など。 主な受賞歴に2020年清流の国ぎふ芸術祭/篠原資明賞、2012年シェル美術賞/島敦彦審査員奨励賞、トーキョーワンダーウォール2010/ワンダーウォール賞など。
https://takenakamiyuki.com/
(公式ウェブサイトより)

『記憶の音』2020 清流の国ぎふ芸術祭2020
『記憶の音』2020 清流の国ぎふ芸術祭2020

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る