「詩文書の魅力 金子鷗亭と中野北溟」北海道立函館美術館

「詩文書の魅力 金子鷗亭と中野北溟」北海道立函館美術館

名称:「詩文書の魅力 金子鷗亭と中野北溟」北海道立函館美術館
会期:2022年10月08日(土) – 2022年12月04日(日)
観覧料:一般920(720)円、高大生610(410)円、小中生300(200)円
   ※( )内は前売り、団体、リピーター
   無料になる方
   身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその引率者(1名)など。
住所:〒040-0001北海道函館市五稜郭町37-6
TEL:0138-56-6311 ・FAX:0138-56-6381
URL:北海道立函館美術館

中野北溟《海 原子修詩》2005(平成17)年 羽幌町中央公民館(書の北溟記念室)蔵
中野北溟《海 原子修詩》2005(平成17)年 羽幌町中央公民館(書の北溟記念室)蔵

「近代詩文書」の提唱者・金子鷗亭(1906-2001/松前町出身)と、その思いを継承しつつ独自の表現を開花させた中野北溟(1923生/羽幌町出身)。本展では日本を代表する二人の書家の作品を通して、それぞれが築き上げた個性豊かな書風をご紹介します。詩文書の魅力あふれる世界をお楽しみください。

金子鷗亭《北原白秋詩 海雀》1952(昭和27)年 函館市蔵(当館寄託)
金子鷗亭《北原白秋詩 海雀》1952(昭和27)年 函館市蔵(当館寄託)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る