林原美術館名品展「名君の大名文化-岡山池田家と会津 武、その華と志-」福島県立博物館

林原美術館名品展「名君の大名文化-岡山池田家と会津 武、その華と志-」福島県立博物館

名称:林原美術館名品展「名君の大名文化-岡山池田家と会津 武、その華と志-」福島県立博物館
会期:令和4年10月7日(金)~12月4日(日)
会場:福島県立博物館
  *会期中展示替を行います。(前期:10/7~11/6、後期:11/8~12/4)
観覧時間:9:30~17:00 *入館は16:30まで
休館日:月曜日<ただし10/10(月)は開館>。
   10/11日(火)、11/24(木)。
主催:名君の大名文化展実行委員会 (福島県立博物館、福島民報社、福島テレビ)
特別協力:林原美術館
協力:岡山県立美術館
後援:福島県、福島県教育委員会、会津若松市、会津若松市教育委員会、会津若松市ナイトタイムエコノミー推進協議会、会津の文化×地域振興プロジェクト協議会、会津若松商工会議所、一般財団法人会津若松観光ビューロー、ラジオ福島、エフエム会津、喜多方シティエフエム、福島リビング新聞社
住所:〒965-0807福島県会津若松市城東町1-25
TEL:0242-28-6000
URL:福島県立博物館

林原美術館名品展「名君の大名文化-岡山池田家と会津 武、その華と志-」福島県立博物館
林原美術館名品展「名君の大名文化-岡山池田家と会津 武、その華と志-」福島県立博物館

岡山藩主池田家は西国を代表する大名家。藩祖・池田光政と会津藩主保科正之は同時代を生き、共に名君と仰がれました。
 本展では、岡山市に所在する林原美術館の特別協力により、池田家の文武を伝える名品の数々を会津の地でご覧いただきます。戦国時代から江戸時代前期に岡山を治めた池田家歴代当主と会津の領主・藩主となった蒲生氏郷、保科正之。戦乱から文治政治と移る世に活躍した両地の名君たちのご紹介から本展ははじまります。
 池田家ゆかりの甲冑、能装束、絵画、婚礼調度、そしてそれらを引き継いだ林原家収集の質の高い美術工芸品。いずれも大名文化や岡山の美術の華やかさを伝える名品ばかりです。岡山藩士から文人に転身し、会津藩に招かれて保科正之を祀る土津神社の神楽を再興した浦上玉堂と会津藩士として戊辰戦争までを生きたその子・秋琴が、展示を結びへと誘います。
岡山と会津の関わりを多角的に探る「名君の大名文化展」。
これまで館外でのまとまった公開は少ない林原美術館の名品を武家文化の地・会津でお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る