中村 弘峰 個展「化身」日本橋高島屋S.C.(本館)

「ラ・エンカルナシオン/化身、受肉」 (H30×W27×D27cm)

名称:中村 弘峰 個展「化身」日本橋高島屋S.C.(本館)
会期:2022年11月9日(水)→28日(月)
会場:本館6階 美術画廊 X
住所:〒103-6190東京都中央区日本橋 2-5-1
TEL:03-3246-4310 本館6階 美術画廊(直通電話)
URL:日本橋高島屋S.C.(本館)

広田氏は1959年広島県に生まれ、1985年東京藝術大学大学院修士課程(彼末宏教室)を修了後は、1991年に白日会展に初出品され、その後数々の受賞を重ねるとともに、個展・グループ展と精力的に発表を続けています。
また1998年には横浜関内に絵画教室ATELIER21を上田耕造氏、岡田高弘両氏とともに主宰。
横浜を中心に絵画・美術の発展、及び後進の育成に尽力しています。
今展のスケッチブック展では、現在も続くコロナ禍の街の様子も描かれています。
カフェに集う人々や肩を寄せ合い歩く人々、傘を差し歩く人の姿からはこれまでとは違った気配を感じとれます。
月日が流れ、これまでの常識が一変しても、広田氏のアトリエからは変わらずコーヒーと紫煙の入り混ざった匂いと、ボブディランの曲が流れ、指先は相変わらず絵具にまみれています。
マティスにみる奔放な色彩と自由な線。
東洋画の白描を彷彿とさせる広田稔が描く日本の洋画の現在地をどうぞご高覧ください。

「ラ・エンカルナシオン/化身、受肉」 (H30×W27×D27cm)
「ラ・エンカルナシオン/化身、受肉」 (H30×W27×D27cm)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る