「陽 咸二展 混ざりあうカタチ」宇都宮美術館

《鉢中金魚之図》 陽 咸二 1924-30年頃 宇都宮美術館蔵

名称:「陽 咸二展 混ざりあうカタチ」宇都宮美術館
会期:2023年2月19日[日]~ 4月16日[日]
住所:〒320-0004栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL:028-643-0100
URL:宇都宮美術館

《降誕の釈迦》 陽 咸二 1929年 宇都宮美術館蔵
《降誕の釈迦》 陽 咸二 1929年 宇都宮美術館蔵

1920年代から急激に勃興した都市文化の気分を色濃く反映した彫刻を数多く手がけた陽 咸二(よう・かんじ 1898~1935)。
本展は、複数のモチーフや視点が混ざりあう独自の作品世界を、5つのキーワードをもとに跡づける。
彫刻のみならず、絵画、版画、工芸などの仕事もあわせて紹介する初の大回顧展。

《鉢中金魚之図》 陽 咸二 1924-30年頃 宇都宮美術館蔵
《鉢中金魚之図》 陽 咸二 1924-30年頃 宇都宮美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る