開館25周年記念「二つの教会をめぐる石の物語」宇都宮美術館

《日本聖公会 宇都宮聖ヨハネ教会礼拝堂》 上林敬吉 竣工1933年

名称:開館25周年記念「二つの教会をめぐる石の物語」宇都宮美術館
会期:2023年2月19日[日]~ 4月16日[日]
住所:〒320-0004栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL:028-643-0100
URL:宇都宮美術館

《カトリック松が峰教会聖堂》 マックス・ヒンデル 竣工1932年
《カトリック松が峰教会聖堂》 マックス・ヒンデル 竣工1932年

カトリック松が峰教会聖堂、日本聖公会 宇都宮聖ヨハネ教会礼拝堂は、ともに宇都宮に現存し、大谷石を用いた貴重な歴史的建造物として知られている。
本展では、これらを設計した二人の建築家を中心に、明治・大正から昭和戦前に現れた他の事例にも光を当て、教会建築の歩みと魅力を、さまざまな観点から紹介する。

《日本聖公会 宇都宮聖ヨハネ教会礼拝堂》 上林敬吉 竣工1933年
《日本聖公会 宇都宮聖ヨハネ教会礼拝堂》 上林敬吉 竣工1933年

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る