特別展「日本画の棲み家」泉屋博古館東京

望月玉泉《雪中蘆雁図》(左隻)明治41年(1908) 泉屋博古館東京

名称:特別展「日本画の棲み家」泉屋博古館東京
会期:2023年11月2日(木)〜2023年12月17日(日)
会場:泉屋博古館東京
時間:11:00〜18:00 ※金曜日は19:00まで開館
   (入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日 ※祝日の場合は開館、翌平日休館
観覧料:一般 1,200円(1,000円)
   高大生 800円(700円)
   中学生以下 無料
   ※20名様以上の団体は( )内の割引料金
   ※障がい者手帳提示の方は本人および同伴者1名まで無料
住所:東京都港区六本木1-5-1
TEL:03-5400-6900
URL:泉屋博古館東京

望月玉泉《雪中蘆雁図》(右隻)明治41年(1908) 泉屋博古館東京
望月玉泉《雪中蘆雁図》(右隻)明治41年(1908) 泉屋博古館東京

明治時代における西洋文化の到来は、絵画を鑑賞する場に地殻変動をもたらしました。特に展覧会制度の導入は、床の間や座敷を「棲み家」とした日本絵画を展覧会場へと住み替えさせました。その結果、巨大で濃彩な作品が増えるなど、新しい「家」にふさわしい絵画表現へと大きくシフトしていきます。
このような時代のなかで集められた住友の日本画は、むしろ邸宅を飾るために描かれたもので、来客を迎えるための屏風や床映えする掛軸など、展覧会を舞台とする「展覧会芸術」とは逆行する「柔和な」性質と「吉祥的」内容を備えています。
本展では、今日その姿を消しつつある日本画の「棲み家」に光を当てることで、床の間や座敷を飾る日本画の魅力とその行方を紹介します。

狩野芳崖《寿老人図》 明治10年代前半頃(1877-82)泉屋博古館東京
狩野芳崖《寿老人図》 明治10年代前半頃(1877-82)泉屋博古館東京
望月玉泉《雪中蘆雁図》(左隻)明治41年(1908) 泉屋博古館東京
望月玉泉《雪中蘆雁図》(左隻)明治41年(1908) 泉屋博古館東京

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る